教員採用試験間近です

 

f:id:maruold5:20170613204919j:image

 

今年もまた夏がやってきました。

職員室の掲示板に、7月初旬の一次試験の日程が記されていました。

教員採用試験にむけて早朝から(勤務時間前)、また放課後(会議等のあと)遅くまで受験勉強にピッチをかける講師の先生方。頭の下がる思いがいたします。

理由は簡単です。

仕事量はほぼ教諭と同じだからです。

中には、どう考えても教諭の先生以上の仕事をこなしている方もいるのです。

私は、講師の先生に平気でたくさんの仕事をまわしたり、普通ベテランの先生が取るべき仕事を若い先生にまわしたりしませんが、

また、自分がもともとできのよくない生徒でしたので、先生という人たちは「道徳」のかがみのような人たちにちがいないとずっと思っていましたが、

できるだけ仕事をとらないようにしている先生、仕事を後輩にさせて当たり前と考えている先生の多さに怒りを感じることが多々あります。

できればあの講師の先生を教諭にしてあげたい。さらにできることならば、あの教諭の先生には教育現場から去っていただきたい。

また、仕事の丁寧さ、授業のうまさ、すべてにおいて、我々ベテラン以上の講師の先生。

世の中は矛盾だらけです。

以前に残念ながらその年に採用されなかった先生が「面接官はうちの校長でした」と言われたとき、その校長にくってかかったことがありました。

「校長はK先生の仕事への姿勢や本校への貢献、目の当たりにしているじゃないですか!」

すると校長は「面接でKさんらしさが、まったく出てなかった」と返されました。

受験者みんなが試験については同じ条件であること、私自身が思い知らされました。

それでもKさんは黙々と、人の2倍、3倍と働いてくれました。

他府県の採用試験に合格されたとき、私は彼以上にうれしかった。それと同時にK先生に去られることにむなしさを感じました。

せめて講師の先生の業績を、試験結果に反映させるシステムにできないものか。

できれば年に3回(学期ごとに)受験のチャンスを用意することができないものか。

暑い夏、ベストを祈ります。