私の場合(公務員試験〈専門試験〔その2〕〉)


f:id:maruold5:20170520133236j:image

前回、一部(合致)していると記しました。

専門(選択?)試験です。外交官専門職員合格の方は、暗記しようとしませんでした。私も暗記しようとはしませんでした。

彼女の場合、テキストを1科目1冊選んできて、通読を3回して、過去問も含め20題ほど設問を決め、通学時間にブツブツと解答というか、論述していったのです。

そのあと精読も続け、さらに解答に磨きをかけていきました。

私の場合も独学でしたので、旧友にアドバイスを受け(インターネットなどありませんでした)、紀伊国屋や旭屋などめぐって自分に合いそうなテキストを選び(「アマゾン」などありませんでした)、3回ほど通読しました。

ここらあたりまでは、彼女とほぼ同じでしょう。

そのあと、1月目、前から30ページ、毎日音読しました。

2月目は、1月目のページから30ページ増やし、2日間で1ページから60ページまで音読しました。

3月目は90ページまでを3日間で、4月目は120ページまでを4日間で音読と、増やしていきました。10月目の10日間で300ページ(ほど)で完結まで同じことを繰り返します。完結後も30ページずつの音読は続けます。

忍者の跳躍力の訓練みたいなものです。

そうです。学習ではないです。練習でもしっくりこない。訓練です。

これを2年ほど続けました。

テキストは300ページほどのものを選びましたが、内容を優先しました。

当然できない日もあります。

「そんなときは翌日に倍の訓練をします」とは言いません。これは無理です。2科目30ページずつで60ページの音読は2時間以上かかるからです。他にやることもいろいろとありますから、この1日に2時間くらいが限度なのです。

できない日があっても、そこでやる気をうすめてしまったり、堕落してはいけません。前日のことは何もなかったように忘れ、ひたすら、毎日60ページ音読し続けるのです。

1年間訓練し続けて、過去問を見てみると、合格点あるかどうかはともかく、論述試験なみに、なんとか書けるではありませんか。

「バカなやつ」と思われるかもしれませんが、これも面接試験や教養試験に少なからず役立ったと実感しています。

いかがですか、語学の只管朗読のような科目学習法。

おすすめです。